ショートカットメニュー
コンテンツのショートカット
メインメニューのショートカット
情報ショートカットの下

2019国際農業博覧会

2019 国際農業博覧会

農業 が世界を変える!

未来へ 羽ばたく農業, 女性が変える世界

2019年国際農業展はこのように飾られます。

開催概要
国際
農業
博覧会2019
区分 内容
行事名 2019 国際農業博覧会
会期 2019. 10. 17. ~ 10. 27. / 11日間
会場 全羅南道農業技術院一帯(羅州市山浦面)
テーマ 未来へ 羽ばたく農業, 女性が変える世界
主催 全羅南道
規模 39カ国499団体・団体・企業 / 53万人
主要国家别参加琨况
経済波及効果
US$985,000,000
交流促進の場参加企業 (36カ国499社のブース参加)
区分 主な参加企業
海外
  • ドイツ (BASF, BBV, Schwabisch Hall, Staatliche Berufsschule Ill)
  • アメリカ (REDOX CHEMICAL, FMC) フィリピン (DA, BidiBidi, HML FOODSなど)
  • タイ (HIGHLAND, The Queen Sirikit, NTGSなど) 台湾 (National Pingtung Univ., Taiwan Anthurium Industryなど)
  • スペイン (Bodegas camino alto, SUCESORES DE RAFAEL DE CAMPSなど)
  • 中国 (浙江省、吉林省、貴州省グループ),日本 (佐賀県のグループ)
韓国内
  • 農業機関・団体(農林畜産食品部、農村振興庁、国立種子ウォン、農協など)
  • 国内主要輸出農産物企業(ベンチャー農業、川小作人企業)
  • 農機資材企業(無声航空、(株)ゴールド論、かんがみエスエス(株)、(株)トップフルーツなど)
国内バイヤー Ymart、農協、現代デパート、ロッテマート、郵便局、ショッピング、公営ホームショッピング、GS SHOP、NFOOD MALL、ティモン、来チャンネルなど
海外バイヤー クウェート(クウェート農業協会)、インド商工会議所(ICC)、ロシア(MKM)、中国(瀋陽貿易有限公司)、メキシコ(Maxcellbio)、中国(煙清風機械)、タイ(Bayspoon)など46社
国際シンポジウムおよび国内セミナー11回開催 (合計14カ国1,530人参加)
区分 主な内容
国際シンポジウム(5回)
  • 第2回アジア・アフリカの環境にやさしい農業の発展セミナー(フィリピン、カンボジア、ラオス、エジプト、ベトナム、コンゴ、韓国)
  • 世界のスマート作物保護シンポジウム(米国、インド、韓国)
  • 韓独農業マイスターセミナー(ドイツ、韓国)
  • 世界の中のアジアの名車国際セミナー(シンガポール、台湾、中国、日本、マレーシア、インド、スリランカ)
  • 第2回国際昆虫産業シンポジウム(米国、メキシコ、中国、韓国)
国内セミナー(6回)
  • 後継畜産経営者育成のための未来のビジョンを開発
  • 持続可能な農業と女性農業者の健康、安全・都市菜園事業を通じた都市再生の産業
  • 農産業融合を通じた青年農業者創業戦略模索など6回開催
アンケート調査の結果
  • 博覧会の全体的な評価
  • 博覧会による企業広報に対する満足度
  • この博覧会にまた来たいか
  • この博覧会を他者に勧めたいか
로딩중