历届 国際農業博覧会

  • HOME
  • 2019博覧会の紹介
  • 历届 国際農業博覧会

2017国際農業博覧会の記録映像です。

記録
映像

2017 記録映像

历届
博览会

2002年州の農業フェアに出発!
国内10回、国際3回開催を通じて大韓民国代表農業博覧会に成長!

历届 博览会
区分 イベント名 期間 テーマ 規模 参加客
2002~2011
2013~2014
大韓民国
農業博覧会
毎年10月 農業トレンド、発展方向に応じたテーマを選定 国内博覧会として開催 -
2012年 2012羅州国際農業博覧会 2012.10.5~29(25日間) 緑の未来を拓く生命の世 24カ国420の機関.団体.企業 100万人以上
推進戦略 作る文化から育てる文化への切り替え、先端産業と農業の調和を通じたエコ農業と人類の未来発展価値を具現化
核心内容 10つの展示館(企業広報館、亜熱帯植物園、農業芸術館、産業昆虫館、有機農業館、農業未来館、生命農業館、エコ畜産館、農機械展示・販売館、農産物展示・販売館)、7つの公演、3つのコンテスト、2つの特集番組、5つの関連イベント、天然染色50人招待展、国際入会展 など8つの特別展示/展示(テーマ展示、企業展示など)イベント、参加型イベント、文化イベント、国際学術イベント→農業に対する理解・学び、最先端農業技術の実証
2015年 2015国際農業博覧会 2015.10.15~11.1(18日間) 創造農業と癒しの世界 20カ国350の機関.団体.企業 73万人
成果 購買約定と現場販売1千728億ウォンの実績を上げてビジネス博覧会として評判、博覧会の純収入20億ウォン
2015国際農業博覧会は韓国だけでなく世界的に全羅南道農業の優秀性を広報し、農業の大切な価値を世界人と共有する場
核心内容 創造農業(生命農業館、農業環境変化館、農業未来館、成功農業人館)、ヒーリング農業(ヒーリング体験館1、2、亜熱帯館、ヒーリング工芸教室)、 交流広報(国際館、国内館、農業資機材館、農・畜産特産物館)、体験学習(エコ体験、テーマ遊び場、園芸農園)、 ヒーリング体験(ハブ植物と香料、在来種作物及び不思議な園芸作物体験、異色トンネル道体験)、動物農場、エコ収穫体験(サツマイモ、落花生掘り、甘柿、トマト収穫体験)、家族で楽しむ農業体験(臼つき体験、カカシ作り、お餅作り、豆落とし、凧揚げ 等)、エコ体験学習(天然石鹼作り、苗木植え、押し花体験、トピアリー作り、天然染色体験)
2017年 2017国際農業博覧会 2017.10.26.~11.05.(11日間)
国際ビジネスデイ3日間運営
農業が世界を変える 20カ国380の機関・団体・企業向け輸出相談会 約50万人
推進戦略 1次、2次、3次を超えて農業を一つの文化に成長させ、新たな付加価値を創出する第6次産業時代に備えた、これが農業の未来である。.
経済波及効果 総5,795億ウォン(生産誘発3,066億ウォン、付加価値1,157億ウォン、輸出契約257億ウォン、国内外約定1,236億ウォン、現場販売79億ウォン、雇用誘発)
核心内容 農豊ゾーン(農業歴史館、青年農業館)、創成交流ゾーン(スローフード特別館、緑の畜産館、ヒーリング体験館)、革新技術ゾーン(技術農業館、昆虫産業館、有機農業館)、展示体験ゾーン(幸せな動物農場、亜熱帯植物園、美味しい健康庭園)、特別展示/企画展示(国際押し花大典、第5回ふくべ科野菜チャンピオンコンテスト、秋の浪漫花道、世界に進出する韓国の花展示、農村文化トリックアートフォトウォール、伝統ふるさと料理展示体験)地域公演団招待公演、バスキング公演、国際学術イベント等の体験、教育、展示、ビジネスが共存する博覧会 第4次産業と農業の関係、農業の第6次産業化など未来の農業における理解生産者と消費者が主体になる創成交流ゾーンを運営し、敏感型博覧会のきっかけ作り


위로가기